管理人の主たるマシンはWindows 10 Proです。

ですので、Windows 10 Homeだとローカルセキュリティポリシーの部分が異なりますので、役には立たないかと思いますが……一応メモしておきます。

大型のWindowsアップデートが走ってからか? それともLINEアプリのWindows版をインストールしてからか、どちらかが原因だと予測しています。

トラブルとして「Microsoft Edge」や「ニュース」・「天気」・「電卓」など、Windows10に標準装備されているアプリを開こうとすると、開けないトラブルに見舞われました。

アプリを起動すると、以下の画面が出てくるのですね。

ビルドインAdministratorアカウントってなんだよ?

初期インストールのときから、Administratorと設定して使っていた自分自身以外に、このアカウントが裏で隠れているようですね。

インストール時に発生するアカウント、といったところでしょうか。

いろいろと調べてみると、Windowsのローカルセキュリティポリシーが原因であるという”あたり”をつけることができました。

スタートボタンを右クリック→「コントロールパネル(大きいアイコン表示)」→「管理ツール」を起動します。

ローカルセキュリティポリシーを選びます。

ここで、以下の2点を直します。

ユーザーアカウント制御の2点が無効だったので、有効にしました。

  • ビルドインAdministratorアカウントのための管理者承認モード
  • 管理者承認モードですべての管理者を実行する

有効後、再起動をします。Administratorアカウントが自分のアカウント以外に登場してきましたが、まあ問題があったときのためにそのまま存在させておきました。

管理者承認モードですべての管理者を実行する、だけの有効で事足りる気もしましたが、ここは皆さんのパソコンの設定がどうなっているかで分岐するところかと思います。

注意!

Administratorsの所属するグループを削除して、ゲストアカウントレベルにしてしまうことでも解決は可能です。

「コンピューター」
→「管理」
→「ローカルユーザーとグループ」
→「自分のアカウントを選択」
→「所蔵するグループ」タブを選択
→「Administrators」を選択して削除。

所属するグループから削除で離れることで、Administrator権限は失われ、ひとまず各アプリを開くことも可能です。

ですが、Administratorではないので、ダウンロードしたものをインストールすることができなくなります。

ここで権限を消しまった場合、他に入ることのできるAdministratorsのグループに属したアカウントがない場合は、セーフモードでしか救出ができなくなるので、ご注意くださいませ。