クライアント様の会社で、VR動画を体験しました。

ゲームショーとか、その手の展示会イベントというものは裏方で作業することが多いのと、人混みは好きじゃないという理由で、最先端系イベントはことごとく回避していたんですね。

積極的に情報収集することは大事。あまりにもの無知さに、これではいけません。

設定をしたあと ↑ こんなやつを付けて、VR動画を体験してみました。で、こんなような動画を見ました。YouTube動画内をクリックしたりで回転できます。

あとはドローンで撮影した360度動画や、船の上で撮影した流氷の映像、電車の先頭に取り付けたものなど、20分ほどホケーっと口を空けながら楽しんでいました。

残念だったのは、コンタクトレンズではなかったので、0.04の視力悪いままでの鑑賞でしたが、現実世界から断絶した世界はなかなかのものでした。

ワールドネバーランドVRの発売を期待。

管理人が思ったのは、昔ワールドネバーランドというゲームがありました。

オルルド王国でプレイヤーである自分は好きなスキルを伸ばしていき、仕事をして、結婚をして、子どもを生み、時間とともに老いていく……という、とても面白いゲームがありました。

もし、そんなゲームが完成されたら、人は現実世界で生きることを放置するでしょうか? もちろん現実の命というバッテリーが切れるか、ハードが壊れるかだと思うのですが……。

1日8時間ほどプレイしていたこともあり、あれだけハマったので、同じようなゲームが出たら、もしかすると管理人の人生崩壊するかもしれません。

ネガティブな要素は、どんどん上がりますよね。

戦争ゲームなどでは、仮想世界で人を殺すこともできます。アダルト業界も現在中国やアメリカなどで大ブームになっているようです。仮想世界にも、法律がないと無法地帯の世界になり、現実と区別つかなくなりそうな気もしました。

調べると、2025年にはデスクトップパソコンと同じぐらいの市場になるとか。ポジティブな要素があると同時にネガティブな要素も比例して積み上がっていきます。

2016年はVR元年とも言われています。さあ、この市場がどうなっていくか……。

ということを忘れて、恵比寿でディナー。

大雨だったのだけど、さすがは晴れ男。雨脚が静かになった。先月納品したWebサイトの会社様からのおつかれ会。

場所は「ピッツェリア・ドォーロ」、恵比寿駅西口、川と歩道橋を渡ってすぐのお店です。飲みたいワインをワインセラーからピックアップできるという、なんとも素敵なお店でした。

VRの話も別の角度から聞くことができたし、何より今後のお仕事の内容に加え、女性関係についてしっかりと勉強させていただきましたw

かなりへべれけになってしまいましたが、とってもおいしい料理をいただきました。ごちそうさまでした。