航空券検索アプリSkyscannerのアプリレビューです。

スカイスキャナー

App Storeはこちらから
スカイスキャナーは格安航空券の予約アプリ – Skyscanner

Google Playはこちらから
スカイスキャナー – Skyscanner

国内線は特にマイルを貯めていないので、宮古島までいくらかかるか検索してみたら一発で出ました。検索したあとは、クレジットカードなどの情報を入力して購入したいので、スマホよりパソコン操作の方が楽ですし、安全です。航空券手配の入り口としては最強ツールですね。


それではアプリレビューとなります♪

国際線はマイルを貯めたりするので、航空会社やグループの縛りが多いかと思います。なので、国際線は不向きかなという印象だったので、国内線に限ってという立場で記載します。

まずアプリを起動して、日付と日本の空港場所を決めます。

IMG_1804.PNG
IMG_1806.PNG

あとは検索をかけるだけ、スマホ操作に慣れている人であれば、電車の交通費や乗換駅を調べるのと同じぐらい簡単に操作できます。羽田から宮古空港まで、指定した期間でのフライト価格は往復35,780円。格安ですね!

結果が出たあと、予約ボタンを押すと結果が出ているWebサイトの移動となります。

IMG_1803.PNG
IMG_1802.PNG

ここから先、航空券を購入する航空会社のWebサイトがリスポンシブルデザイン採用されているか、その航空会社のアプリがあるかどうかで利便性が変わってくるのですが、いま申し込めばこの価格で行ける! という情報を瞬時にキャッチできるので、航空券手配のスタートとして重宝しております。スカイスキャナーで取得した情報をキーとして、パソコンなどで再検索してください。

スマホでクレジットカード番号を入力したりするのはね……なんか抵抗ある。

今回の宮古島への旅も、50000円以内で行けるぞ~! という情報を瞬時にキャッチすることができました。注意点は、表示された最低価格で行けることはあまりなく、+10000~20000円前後は考えておいた方がいい、ということ。最安値の航空券を取得したものの、空港に到着したのが夜で、電車がすでに終わってタクシー帰り! わあ大損! ということも1回ありました。

あと、チケットを購入しているとき、必ず2次元バーコードの発行や確認番号の控え、搭乗する飛行機の便名などのメモを忘れずに。ANAがそうだったのですが、次へボタンで画面推移していくと、確認番号を確認できなくなるので(確認番号を確認しました、という同意ボタンがありましたが……)、わかりづらかった。

チケット手配が終わったら、座席指定と領収書印刷も忘れずに。ネットでチケット購入って便利ですけど、いろいろと取り揃えておかないといけないもの、多いですね。ともあれ、このアプリのおかげですごく楽でした♪

あっ、Android版よりiOS版のほうがいいかも。