Google翻訳がカメラ翻訳機能「Word Lens」を搭載してパワーアップしましたね。

GoogleTranslate

App Storeはこちらから
Google翻訳 – Google, Inc.

Google Playはこちらから
Google翻訳

Google翻訳がカメラ翻訳機能に「Word Lens」という機能が加わってパワーアップしましたね。海外旅行で使えるかどうか……あまり乱用してしまうと電池がすぐになくなりそうな気もしますが、カメラに向けた文字をきちんと翻訳してくれるのですごいツールです。

今回は「Word Lens」という+αの機能を用いての登場ですね。


それではアプリレビューとなります♪

Google翻訳は使い慣れてみると、海外旅行でかなりの力を発揮しました。

どうやって使ってきたかというと、会話で利用することはなく、おもにレストランでお会計をお願いしますというのを忘れたりとか、イタリア語でおいしかったですよ~というのはどういうのか、などなど、単発の単語を調べたいときに使用しています。

例えばフランスでも、慣れない感じで「Etaie delicieux」といっても通じましたしね。あっているかはともかく、藁にもしがみつく感じでコミュニケーションを取りたいときに活躍しました。

新しく搭載されたカメラ機能はこんな感じ。アップデートのとき、細かい説明が書かれています。翻訳画面内にカメラマークがついて、それを使うとカメラが起動します。

IMG_2610.PNG
IMG_2612.PNG

で、ここまでは従来通り。まだ「Word Lens」は日本語対応していないので、英語から何? という翻訳機能になります。

IMG_2613.PNG
IMG_2614.PNG

スマートフォンのカメラを向けるだけで、翻訳してくれるのはガチですごいかなと。

こういった翻訳ツールがいろいろと登場すると、語学を覚えるのが苦手な管理人にとってとても嬉しく、海外旅行でも心強いツールとなります。今年はどこに行こうかな?

早く英語→日本語の機能が搭載される日を待ちわびています。

トップページへ戻る →