Google Adsenseのポリシー違反ページを調べる方法

ポリシー違反通知が届くと、パニックになりますよね。幸いなことに、AdSenseを運用して現時点で8年ぐらいが経ちましたが、まだ大丈夫です。

Googleからポリシー違反という連絡を受けたのですが、どこのページかわかりません。見ていただけますでしょうか?

というご連絡をフォーラム上から、また私のブログ経由でダイレクトに伺うこともあります。

違反通知を受けたことがないので、ここはトップコントリビューターとして違反ページを作ってみて……とは思うのですが、さすがに怖くてできません。

ポリシー違反ページの確認方法ですが、こちらの公式ヘルプ記事を載せておきます。

https://support.google.com/adsense/answer/3011847?hl=ja

審査後の運用でしたら、管理画面の「設定」→「ポリシーセンター」がヒントになるのですが、審査前だとどこが悪いのかわかりません。

単純にコンテンツが足りない、という見方もできますからね。

記載のとおり、検索演算子「site:」を使うと、自身のサイト一覧が検索結果で見ることができます。自身のインデックスされたサイトを検索結果からざっと眺めるだけでも、どのページがグレーそうか、もしくはアウトか! というのを探すことが可能です。

私のドメインなら、transparently.jp なので、

と検索すると(昔は4000件ぐらいあったのですが、ゲーム系ブログでしたので個人事業主のブランディングをしていくためにも全部抹消。なんか悲しい(^^; …)、全ページ166件分出てきました。

必ず「画像」も、セーフサーチをオンにせず検索チェックをされてください。

自身のサイトで1ページずつ探していくのは大変ですし、アクセス数も自身のアクセスをカウントしないという設定にしておかないと、自分だけのアクセス数がどんどん加算されてしまいます。

ですので、こっちで探したほうがいいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください