こんにちは♪ 管理人(@yourchan)です。2013年5月26日から31日まで、サンフランシスコへ一人で旅行に行ってきました。行こうと思ったきっかけは、2つあります。

1つ目は、GoogleAdsenseの収益向上。

最適化を行ない、サンフランシスコまでの往復航空券とホテル代を相殺できる収益を上げたので、そのご褒美として……というわけです。

2つ目は、最適化のお手伝いを頂いた社員の方が向こうの勤務になった、ということ。ゆえにサンフランシスコというわけで、Mountain ViewにあるGoogleへと遊びにいこうと思い立ったわけです。

出発20日ほど前に思いついた強行旅行。そうでもしないと、サンフランシスコなんて行く機会ないと思いましたから……。

以下、日別日記として、旅先での記録を清書しておきました。Googleというよりかは、サンフランシスコに行く方がいらっしゃいましたら、参考になればと思います。ほーんと、楽しかったですよ♪

そして脱出ゲームをはじめてこんな流れになるとは、予想だにもしませんでしたからね。


1日目。

旅行の前日から、出発するまでの時間というものは、いつも憂鬱です。なんなんでしょうね? もしこの旅行に行かなかったら、お金は減らさずに済んだのに、とまで考えてしまう負の感情!

管理人、いつもそうです。海外でなくても、日本国内の移動ですらそう感じます。

出発は26日の午後7時。飛行機の時間は翌日0時5分発なので、日が落ちてからの出発時間でした。初めて羽田の国際線ターミナルに行ったのですが、それほど広くない? 外国人受けのよさそうなところ、という印象は強かったです。

IMG_9249

展望フロアはよかった。いい写真が撮れましたよー。

IMG_9265

そこから覗いた景色。

IMG_9260

使用した航空機は日本航空(JAL) なので、言語の煩わしさを感じることもなく移動することができました。座席前にあるモニタも日本語、映画は日本語吹き替え付きなので、管理人は「オズ はじまりの戦い」を鑑賞しました。出発は、このくらいのウエイトの映画がいいです。

3列席通路側に座っていたので、トイレには何不自由しなかったのですが、前に座るビッグファットパパがエコノミー座席を思いきり下げてくれたので、えらい窮屈でした。

食事のときは、美人スッチーさんが座席を戻すよう指示してくれたので助かりましたけど……。

2時間映画を観て、1時間は食事や機内雑誌を読み、3時間ほど居眠りをしたので、フライト時間の9時間という長さに苦しむことはありませんでした。長時間飛行には、もう慣れてるからね。


サンフランシスコ空港に到着後、入国手続きが長蛇の列でした。手荷物を手に入れるまで、1時間かかりましたよー。あとで調べたところ、サンフランシスコ空港の経営が右肩下がり、いわゆる不況だそうです。職員の人員整理を激しく行ったため、空港職員も数が減った模様です。

不況はここにもあるのですね。

JTBツアーなので、空港からホテルまでの移動つき。威勢のいいツアーコンダクターのおじさまが迎えにきてくれました。で、管理人が泊まったホテルは、グランドハイアットサンフランシスコ。ダウンタウンの中心でもあるユニオンスクエアのすぐそばなので、豪華かつ便利かつ安全なホテルでした。

IMG_9777

スタッフも素敵な方たちで、部屋がすごい! 無線LANは無料で使用できます。有線LANは見つかりませんでした。手持ちのNexus7はサクサクでしたけど、Docomoのスマホはすこし相性がよくなったかな……。

IMG_9313

最上階からの夜景。フロアの明かりは消せなかった。

IMG_9334

荷物を置いて、着替えをし、シャワーを浴びたあと、まだ時間は20時を回ったところだったので、ひとりぷらりと食事処をさがしに行きました。

ユニオン・スクエアの近くには、ユニクロもあるんですよ。

IMG_9317

上がユニオン・スクエアのシンボル。

IMG_9314

こっちがユニクロ。

出掛けた場所はここ、Samuel Adamsさん。カウンター席があったので、ひとりで食事を堪能することもできました。英語がやっぱりわからず苦戦しましたけど、近くに座っていた中国の交換留学生が助けてくれました。

IMG_9326

オーダーしたのは、サンフランシスコサンドウィッチ! どんなものかなぁ、と期待していると、かなりのボリューム。最後はフードファイトでしたね。クラフトビール、白ワインを2杯いただきました。

帰宅後、酔っ払った勢いで眠りに落ちるのですが、午前2時に目覚めて、そのまま眠れず……。他の人の旅行記にも書いてあったので、予想はしていましたが……。眠れない夜というものはつらいものです。

なので眠れない時間を使い、翌日どう効率よく行動をすべきか? Nesxu7を駆使して調査。気づいたら午前5時(日本時間は翌日午後3時)、窓から光が差し込んできました。

長い夜でした。続きは2日目に続きます♪